スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

‐後半‐【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival-Bitter-【合作】自パート制作話 

こんにちわ、しうやPです。

【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival-Sweet-【合作】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17660444


【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival-Bitter-【合作】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17660637

前回の続きになります。


以下続きより。※やっぱり長いです。
5.謎のMG(モーショングラフィックス)について
 あれをMGと呼んでいいのか…?別の画を入れる際、さてどうやってどうしようかと考えました。あの短い時間で表せられる音楽に合った表現。そして1-2でつけたルール。それらを踏まえつつ、一つの動きが頭にありました。

 主催者のべた塗りさんのブログで「どうやって思いついたんだろう」と嬉しいコメントがありましたが、あの動きのルーツをここで紹介したいと思います。
それはこの動画です。



 この途中ので、ひし形が「ガッガッ」と動くところがあると思います。この「ガッガッ」という動きとタイミングがNFでも合うんじゃないかと、もうこれは本能的としかいいようがないんですがなぜかそう思いました。そしてそのときのキャラクターははっきりと写っているわけではなくて、うっすらと影絵になっています。これもうまく使えないだろうかと考えました。

 前半の○は無印時代のステータスパラメータです。アケマスしまくった自分には切っても切れないほど重要なオブジェクトです。これを「ガッガッ」のタイミングでグリングリンと動かせばかっこいいんじゃないかなと。そんな感じでできました。
 自分でも結構気に入ってます。動画コメントだとタイミングの関係でわかりにくい場合がありますから、ブログなどで直接カッコイイなんて言ってくれるのは本当に嬉しいですね。どうもありがとうございます><
後半の○については、自分もよくわかっていません。ただまぁ、前半の○と同じタイミングでぐりんて動かしとけばいいかなーみたいな。
 あの動かし方なんですけども、キーフレームに「イージーイーズ」というものを使っています。動画作ってる人じゃないと馴染みのない言葉ですが、とても大事な機能です。某製作者曰く、イージーイーズしてない動画は動画にあらず、なんて言っちゃってたり。まぁもちろんTPOなんですが、簡単に説明しますと…しまった、簡単に説明できない。。。気になる人はグーグル先生に聞いてください、すみません。

ちなみに影絵の場所はダンスしてるアイドルの位置になっています。


6.アップ時の背景について
 ナイトフライトなんで背景が星空なのです。説明はそれだけです。
最後のあずささんは運命の人になぞらえて若干天の川風味にしています。


7.繋ぎについて
合作において繋ぎを作るのが少し憧れだったりします。なので今回は前後どちらも任せて貰いました。

7-1.音楽の部分について
 実は最初にイチャモンをつけさせて貰いました。ちょっと口では説明し辛いのでどう変更して貰ったかは割愛しますが、ちょっと自分では許容できない範囲だったもので、無理言って変えて貰いました。にも関わらず、一晩で直してくれるあたり、さすがのし―rabittoPです。
(その節は本当にありがとうございました><)

7-2ネームレスPとのつなぎについて。
 とにかくギャップをつけたかったので、暗転ストロボで変わりつつ亜美のどアップでサビに持っていきたいなというのがすぐに思いつきました。なので、繋ぎの案をネームレスさんにお伝えし、後は任せて欲しいと言いました。まぁサラッとストロボかけときゃいいだろう、なんて考えてたんですが、ネームレスさんの動画にもストロボ切り替えが入ってたのには正直少し焦りました。というのも、ストロボというのは本来2枚の画を交互に見せるモノだと思うんですよね。でもこの繋ぎでは、都合3枚の画をストロボしないといけません。自分に任せて下さいといった手前愚図る訳にもいきませんし、何よりネームレスさんのストロボが素敵だったので無駄にする訳にはいきません。ということで色々パラメータや不透明度を変えまくって試行錯誤した結果、ああいう風になりました。おかげでネームレスさんには一発OKを貰ったので一安心でした。

7-3ラフタイムPとの繋ぎについて
 せっかく自作ステージを作るので、何かしらステージを使った繋ぎがしたいと思いました。ラフタイムさんも自作ステージということが初期にわかってたので、単純にステージ間に扉があって最後に開いてバトンタッチ、と考えてました。そこで先ほどのトロンレガシー風の背景であり扉でありそうなモノを作り、最後に実は扉でした!というちょっとニクイ演出になりました。結構バレバレでしたけども、、、。切り替えにはラフさんの動画がどうきてもいいように明転を考えていたのですが、実際に上がってきたラフさんの動画に最初に通路が出てきて、一番来て欲しい画がきてびっくりしました。
 というわけで案の方はすぐに決まったのですが、扉を開くという動きを作るのに結構時間がかかってしまい、時間的にはギリギリな感じでしたがなんとか間に合いました。あとはラフさんとタイミングを何回か話し合って、結果はごらんの通りです。

 同時期にラフタイムPからきつねPへの繋ぎを見て凹んだのは言うまでもありません。
自分もあんなカッコイイのを作りたかったのに…

SMOKY LONGぐらさん20120214-151452_R
後壁の参考画像

壁後.ai コンポジション 2 (0-00-09-19)_R

実際に作った後壁
動いてる扉は菱形を1枚作ってをれを3枚並べて動かしています。


8.色調について
 Magic Bullet Looksというのがありまして…以前のブログでも紹介しましたが、その完全版を買ってしまいました。ほんと簡単なんですよ、これ。
 プリセットがいっぱいあるので、まず欲しいイメージをそこから選びます。たくさんの項目や色調に関するパラメータがありますが、選んだプリセットからちょっとずつパラメータをいじって欲しい色へ仕上げます。ステージはトロンレガシーをイメージして作成しグローで色をつけていましたが、アイドルとステージをなじませるためにその上から全体に掛かるように調整レイヤーを置いて、そこにLooksを掛けています。


マッチムーブ 4 (0-00-00-00)_R
↑かける前
↓かけた後
マッチムーブ 4 (0-00-00-00)_1_R


しかしこれはダメだ、あまりにも簡単すぎる、、、いやだから買ったんですがね。


9.キャスティングについて
 今回、自分には珍しいキャスティングだったと思います。なんせ真がいないですし。というのも、実は今回の動画を作成するにあたり、一人ずつリーダーといいますか、アイドルが割り当てられていました。これは765プロのアイドルを必ず1度は出してあげたい、という主催者の拘りからきています。
 自分の場合はわかると思いますが亜美でした。

これ以上は割愛させて頂きます。

10.ダンスについて
 自分の場合、近いBPMを片っ端から当てて行く感じなんですが、サビからというのもあって最初にガッ!っとくる振りが欲しいと思っていました。で、色々充ててみてはしましたがやはりスモスリしかないな、という結論になりました。元々ダンスのふりを細かく切るのは苦手で、40秒と少ない時間だし、さらに間にMGやらなんやらを挟んでいるので一つ芯を通したかったこともあって、1本で行こうと決めていました。演出はさておき、これがベストだったと思います。

11.亜美のアップ
 ナイトフライト…飛行機…計量器!のイメージで作りました。実は出来合の動画を、描画モード”ハードライト””ソフトライト”で重ねたのをLooksで整えただけの画になっています。一番後にカラーカーブでグラデーションを敷いて、亜美を置いて上から計量器っぽい動画を重ねました。もう少し動きが欲しかったので、亜美とグラデーションの間に文字が流れる動画を、不透明度を低くして重ねました。

メイン (0-00-24-21)_R
Looksを掛ける前の画。ほんとLooksさん便利。
困ったときは”スクリーン”、”ハードライト”、”ソフトライト”、”不透明度を下げる”!
でだいたいなんとかなります。


12.最後の消える演出
 これは全部みんな大好きVIDEO COPILOTのTwichでやろうかと思ったんですが、ちょうどRed GiantのHolomatrixというのがありまして。このプラグイン、攻殻機動隊の電脳空間みたいな演出になるんですよね。こりゃ使わない手はない、ということで動画を二つ重ねてマスクを操作して、あたかもアイドルが電脳空間的ログアウトを起こしたかのように見えます。一応キャラのイメージカラーにしてます。
 最後の亜美だけTwichにしてちょっと違いをつけてみました。振り的にもTwichの方が合ってると思います。
これでうまく全員消えましたので、そこからカメラを扉に向けて次のステージへ!結構気に入ってます。

13.総評
 項目13てなんだよ!後半とか言っときながら倍近く書いてるし。申し訳ないです。
今回、あまりの難産に別の動画を作っていたり、M3というイベントに初めてサークル参加をしたりととても思い出深いモノになりました。特にM3の準備と重なっていた時期がちょうど追い込みの時期だったのはとてもとても胃が痛くなる思いでした。でもその甲斐があってか、いろんな方に見て頂き、凄くよかったというような嬉しいコメントも多数見受けられて、本当に作り上げることができてよかったと思います。


 大変長くなりましたが、視聴して頂いた方、広告を打って頂いた方、コメントを打ってくれた方、合作に参加させてくださったベタ塗りさん、その他合作に関わった皆様、本当にありがとうございました><

2012/05/05 Sat. 11:03 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://shiuyap.blog134.fc2.com/tb.php/48-41072039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。